FX初心者が知っておきたいスプレッド

FXの事について調べていると、必ず出てくる言葉があります。それはスプレッドです。これについて知っておかないと、もしかするとあなたは損しているかもしれません。すでにFX取引をしている方は、一度利用している取引会社のスプレッドを確認してみてください。


FXでスプレッドとは

FXでスプレッドとは何かを簡単に説明すると、取引会社への手数料です。この差が狭いと、手数料が安い。反対に差が大きいと、手数料が高い。このようになります。またこの差は各取引会社によって異なります。少しでも差が少ない会社を選択した方が、我々投資家にとっては有利と言えます。
例えば、スプレッドが4銭となっているケースを見てみましょう。
ドルを買う時に買値が100.03と表示されて、売値が100.04となっていると、一万ドル購入するとなると、100万400円かかります。
つまりこの状況を言い換えると、400円の差損が生じた状況で取引がスタートすることになります。為替差益を生む上で、この差が小さい方が利益を生み出しやすい事はもう分かると思います。
FX取引会社を選択する時は、他にも様々なことを考えなくてはいけませんが、スプレッドが大きな基準の一つになることは間違いありません。



Comments are closed.