為替変動が大きい時に稼げるFX

為替レートの変動は当該通貨を買う人が多くなれば値上がりし、売る人が多ければ値下がりし、その変動は取引量が多くなればなるほど大きくなります、それに従ってFX取引に妙味が出てきます。FX相場は、取引が活発に行われる時間帯程変動幅は大きく、変動幅が大きくなれば売買に参加する人がさらに増え、取引量も自ずと増加します。


<取引量の多い時間帯はどんな時>

為替取引は日本市場のみでなく、世界各国で取引が行われているので、24時間目が離せないのが実態です。為替取引の世界3大市場と言えば、取引量の多い順から、ロンドン市場・ニューヨーク市場・東京市場であり、時差からみてこれらの3大市場全てが開場している時間帯はありません。しかし、東京市場とロンドン市場、ロンドン市場とニューヨーク市場それぞれが重なっている時間帯があります。特にロンドン市場とニューヨーク市場が重なっている時間帯は、最も活発の為替取引が行われ、FX取引の魅力的な時間帯と言えます。日本時間で言えば午後9時〜午前2時にあたり、デイトレードFX派にとっては、目が離せない時間帯です。為替や株式相場に影響を与える米国の経済指標が発表されるのも、この時間帯であり日本の夜間から深夜にかけては、大きく利益を生み出す時間帯です。



Comments are closed.